お籠りの時間が長いと、お茶の時間も増えます。一服のお茶を淹れる時間、それは私にとっての瞑想タイムでもあります。本来ですと、急須にお茶の葉を入れ、湯冷ましからお湯を注ぎ、蓋をして浸出するのですが、私は蓋をせず、ゆっくりと日本茶の葉が開いていくのを時計の秒針とともに見つめています。お茶の美味しさはもちろんなのですが、その時間が愛おしく、慌ただしい日常や絡まった感情を解きほぐすマインドフルネスの時間ともなり、Tea Meditationと私は位置付けています。1日に一回、どこかで1分でも、ふっと心安らぐ時間を作ること、自分自身を見つめる時間、大切にしてくださいね。