9月下旬に更新して、気づけば霜月。神無月だったから、神様がいないから怒涛の忙しさだったの?

自分のことが後回しになってしまったら、ってこの間ブログに書いたけど、後回しすぎて、というより、周りのみんなが好きすぎて、仕事が好きすぎて頑張っちゃった。(あともうちょっと、高みを目指してみんなと走りきるのですが)

でも、「便りのないのは〜」と、私の筆不精ならぬブログ不精を心配して、ブログの書き方をアドバイスしてくれる友人からのメール。「そーーーーーーーなの!時間も体力もなかったんだけど、うん、今のお悩み書くわーーー!」と、レポートにまとめちゃう。(レポートにまとめるあたり、私らしいし、友人も同じタイプだと勝手に思っている)返信レポートをもらって、じょーじょー涙が出る。

あ、みんなも仕事も好きすぎて、うんうん、そうね、そうね…。(一言で表現するとこんな感じでした。)あー、自分って・・・(ここからは内緒です)

仕事で「先生」とか言われると、「いや、先生ではなく、先人の知恵やスキルをお伝えしているだけであってですね…」とか、もしくは「お話し聞いて整理しているだけで、そんなに偉いものではないのです」と思うのだけれど、基本的にはプロとして、いろんなシチュエーションで期待される社会的役割的に沿った行動をしている。

でも、私も1人の人間でプライベートでは、誰にでも、いつでもいい顔をできているわけではない。でも守りたい人や自分として譲れないことや仕事は全力。でも、疲れちゃったら、こうやって一緒に悩んでもらってもいいし、こうやって甘えていいんだって、ふと思い出した。肩の力抜こうよ、わたし。

友人や家族をはじめ、関わってくださっている方に、ほんとありがとう、と気づけた1日でした。